無添加ジャム・ノンシュガージャムの保存方法は?ジャムはプレゼントにもおすすめ

無添加ジャムを大切な方へのプレゼントに!保存の必要性と長持ちさせるコツを解説

無添加ジャムを大切な方へのプレゼントとしてお考えなら、ノンシュガーのジャムはいかがでしょうか。無添加ジャムや砂糖を加えていないノンシュガージャムは素材本来の味が楽しめます。砂糖を使っていないということから、カロリーを控えている方にもおすすめです。

無添加ジャムは、開封してからの保存期間が砂糖を使用しているジャムよりも短いという特徴があります。そのため、プレゼントとして無添加ジャムを贈る際には、正しい保存方法についても先方に伝えておきましょう。

ここでは、ジャムを正しく保存する必要性とジャムを長持ちさせるコツについてご紹介します。

ノンシュガー・無添加ジャムならフランソワーズ・ジャパン!保存の必要性

イチゴのジャムとパン

ノンシュガー・無添加ジャムを大切な方へのプレゼントにと考えているのなら、ジャムの正しい保存の方法を知っておくのも重要です。

ジャムは保存食

ジャムは、もともと旬の果実を長く楽しむための保存食として作られました。したがって、保存性には優れているのですが、正しい保存法を知っておかないと、せっかくの優れた保存性を活かすことができません。

ジャムにカビが生えると危険

いくら保存性に優れたジャムでも、きちんとした保存の仕方を知らないと、カビが生えてしまうことがあります。そんなとき、表面のカビを取り除いたら大丈夫、と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、それは危険です。

カビの菌糸は肉眼では見えにくく、どこまで侵食しているか確認するのが難しいからです。カビが生えてしまった場合には速やかに処分しましょう。

ジャムにカビが生えるのはなぜ?

保存性に優れているはずのジャムなのに、なぜカビが生えてしまうのでしょうか。その原因には主につあります。

・水が入ってしまった

カビは、水を利用して繁殖していきます。ジャムに使う果物や野菜には水分が含まれていますが、砂糖や果糖による糖度があるためカビが発生しにくい状態です。ただし、ジャムを使うときに使用したスプーンなどに水滴がついていると、そこから余計な水分が入り込んでしまい、カビの原因となります。他にも舐めたスプーンを使ったり、バターをパンに塗ったナイフなどを共用するのも厳禁です。

・温度と湿度が高い場所に保管しておいた

カビが生える適温は25度前後、湿度は60%以上といわれています。そのため、ジャムを15〜30度くらいで湿度が60%以上の場所に長時間保管していると、カビが生えやすくなるのです。

ノンシュガー・無添加食品はプレゼントにも最適!ジャムを長持ちさせるコツ

プレゼントにもおすすめのノンシュガー・無添加ジャム

ノンシュガー・無添加ジャムを長持ちさせるコツには、どのような方法があるのでしょうか。

清潔で乾燥したスプーンを使う

カビは水分を利用して繁殖するので、ジャムをスプーンで取り出すときにそのスプーンに水滴がついていた場合、ジャムに水分が入り込んでしまいます。その水を利用してカビが生えてしまうので、ジャムを取り出す際には、清潔で乾燥したスプーンを使うようにしてください。

また、ジャムをパンにつけて食べる際、パンに塗るときに使ったスプーンを再びジャムの中に入れるのもNGです。パンくずがジャムの中に入ってしまい、カビの原因となるのです。ジャムを複数人で使う場合、ジャムを取り出すスプーンと、パンに広げるスプーンは分けて使いましょう。

また、必要な量だけを先に取り出しておくのもおすすめの方法です。別の容器に食べる分だけ取り分けておけば、ジャムの中にパンくずが入る心配はありません。

取り出したらすぐに蓋を閉める

空気中にはカビが浮遊していることもあります。ジャムを瓶などから取り出したら、すぐに蓋を閉めないと空気中のカビが中に入ってしまうことがあります。ジャムの蓋は取り出したらすぐに閉め、開けっ放しにしておかないようにしてください。

使い終わったらすぐに冷蔵庫へ

冷蔵庫に入れていたジャムを取り出して使う際、いくら清潔なスプーンを使って蓋をすぐに閉めておいても、温度の変化が激しい季節などは結露してしまうことがあります。その水分がカビの原因となってしまうので、ジャムは取り出したらすぐに冷蔵庫にしまうことをおすすめします。

開封後はできるだけ早めに使いきる

きちんと密封されて販売されているジャムは、開封前の賞味期限は長く設定されているものです。しかし、開封後は賞味期限にかかわらず、できるだけ早めに使いきることが大切です。すぐに使いきれるようなサイズのジャムを購入するのも、安全に使いきるコツの一つです。

砂糖を加えていないノンシュガー・無添加ジャムをプレゼントに贈るならフランソワーズ・ジャパン

ジャムは保存食ですが、間違った方法で保存するとカビが生えてしまうためご注意ください。特にノンシュガージャムは菌の繁殖を防ぐ砂糖を使用していないため、開封後は正しい方法で保存し、なるべく早めに食べきることが大切です。

ジャムをプレゼントする際は、ジャムの正しい保存方法も理解して、先方へ伝えておくとよいでしょう。乾いた清潔なスプーンを使うこと、使い終わったらすぐに冷蔵庫へ入れることなどが正しい保存方法です。きちんと保存したら、長く安全に食べることもできます。

フランソワーズ・ジャパンでは、ノンシュガージャムや無添加ジャムを豊富にご用意しております。甘さを加える際にはさとうきびを使っており、精製した上白糖をはじめ、保存料や着色料は使用しておりません。酸化防止剤や防カビ剤といった添加物を使用していないのが大きな特徴です。

高級ウイスキーを隠し味に使用したオレンジウイスキージャムや酸味のある野イチゴを10%ほどミックスしたイチゴジャム、2015年2月コンテストで銀賞を受賞したプルーンジャム、ブラックチェリーの果肉がゴロッと入ったブラックチェリージャムなど、様々な種類のジャムを販売しております。

単品のほか、各種セットの詰め合わせもご用意しているため、ご自宅用・プレゼント用にノンシュガージャムや無添加ジャムをお探しの方は、フランソワーズ・ジャパンの通販サイトをぜひご利用ください。

ジャムの魅力をジャム専門店がご紹介!

無添加やノンシュガータイプのジャムをお探しならフランソワーズ・ジャパンへ

販売業者 有限会社フランソーワーズ・ジャパン
運営統括責任者 岩崎 繁代
住所 〒362-0073 埼玉県上尾市浅間台4丁目19−25
TEL 048-771-4749
FAX 048-772-6434
メール net.fj@francoisejapan.com
URL https://www.francoisejapan.com/

Calendrier
営業カレンダー

2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
営業日は月曜から金曜の平日。
土日祝日はお休みいたします。

Contacts
お問い合わせ

有限会社フランソワーズ・ジャパン
〒362-0073
埼玉県上尾市浅間台4-19-25
TEL:048-771-4749
FAX:048-772-6434
E-mail:net.fj@francoisejapan.com

当店のお買い物の流れをご案内します。

  • etape1

    商品をカートに入れる

    お気に入りの商品を
    カートに入れます。

  • etape2

    レジへ進む

    カート画面で
    商品と金額を確認し
    カートに入れます。

  • etape3

    お客様情報を入力

    ご住所・連絡先など
    お買い物に必要な
    情報を入力します。

  • etape4

    お支払い方法の選択

    ご希望の決済方法を
    お選び下さい。

  • etape5

    内容を確認し完了

    ご注文内容を再確認し、
    お手続きを完了します。

  • etape6

    商品の発送

    ご注文の商品を発送します。
    商品の到着をお待ち下さい。